カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

晨風(しんぷう)とは...早朝に吹く風、ハヤブサの異名でもあります。


カード決済


武州一(ぶしゅういち)の剣道着

“武州一”の剣道着がオススメのわけ

《藍染製品》
藍から取り出した生きた染料で染めている(紺剣衣、綿袴)
(剣道着は素肌に着けるもの、科学薬品でないため安心です。)

《袴》
少年用仕立※になっている。(5000番,20KAN,26KAN少年用)
(普通は同じ23号なら小学生も大人も同じ袴を着けています。)
※腰板が小さく袴の横巾も小さい

仕立てが良いので“タタミやすく”足さばきも良い、また立ち姿もきれい
良い袴はヒダをミシン縫してなくてもタタミやすいです。

“武州一”ブランドの製造風景 野川染織工業(埼玉県羽生市)

【店長から一言】

『“武州一”の製品を扱っていて驚かされるのは品質の良さはもちろん、品質のばらつきの無さです。 いつも同じクオリティの商品が納品されます。それに高級品の品質が良いのは当然だとも言えますが、“武州一”は初心者向けの商品もクオリティを落とさず製造しています。 「品質本位」で決してぶれないし、妥協もしない“武州一(野川染織工業)”のこういう姿勢を私は信頼し、応援しています。』

剣道衣

一重(ひとえ)剣道衣

剣道衣140番 剣道衣120番 ブルーライト 剣道衣155番

紺一重上製 140番  初心者にこそ本物を!武州一の入門着
紺一重特製 120番W  一重ながらもしっかりした生地 使う人を選ばない万能選手
紺薄手/夏向きブルーライト  織刺生地で薄手ながらもしっかり体を守ります。
晒(白)一重 155番  柔らかく程よい厚み

二重(ふたえ)剣道衣

武州一 剣道着240番W 武州一 剣道着200番W

紺二重 240番W 軽くて柔らかい二重剣道衣
紺二重 220番 勝気(しょうき) “耐久性としなやかさ”
紺二重 200番W   武州一 剣道衣の最高峰(手刺風) 贈答品に最適
未晒二重 250番

紺木綿袴

武州一 綿袴 20KAN/2000番 武州一 綿袴 26KAN/2600番 武州一 綿袴 30KAN/3000番 武州一 綿袴 40KAN/4000番 武州一 綿袴 万里

紺木綿 《20KAN/2000番》 ※廃盤商品(在庫限り)
紺木綿 《26KAN/2600番》  中学生向き ※少年用仕立も出来ます。
紺木綿 《30KAN/3000番》  高校・一般向き 薄手
紺木綿 《40KAN/4000番》  武州一綿袴の代名詞 贈答品としても喜ばれます。
紺木綿 《万里/10000番》  武州一 綿袴の最高峰 贈答品に最適

テトロン袴

武州一 テトロン袴 5000番 武州一 テトロン袴 6000番 武州一 テトロン袴 7000番 武州一 テトロン袴 8000番

小学生向き テトロン薄手 《5000番》 紺・黒 ※廃盤商品(在庫限り)
小学生向き テトロン厚手 《6000番》 紺・黒・白
中学生向き テトロン厚手 《7000番》 紺・黒・白
高校・一般向き テトロン厚手 《8000番》 紺・黒・白

◆武州一が『ジャージ剣道着を作らない理由』

◆武州一(ぶしゅういち)製品のお洗濯にオススメです。『竹の洗剤』

◆「天然醗酵建て藍染め」の紹介 (野川染織工業のホームページ)

剣道着

ページトップへ